春秋航空の欠航時の対応

旅行をする際に必ずしも飛行機に乗れるとは限りません。予約をしていても天候などを理由に欠航となる恐れもあります。 - 春秋航空の利用で注意すべき点は

春秋航空の利用で注意すべき点は

春秋航空は非常に低価格で利用できる航空会社なので、とっても役立つ存在であることは間違いないでしょう。ただ、やはりLCCである以上は、様々な制約やデメリットもあるわけですから、そういった点に注意した上で利用するようにしましょう。

欠航になっても補償は限られている

春秋航空では、もし欠航になった場合でも補償の方は限られているのです。天候不良や整備不良などで欠航になった場合、自社便への振り替えか払い戻しかのいずれかを選ぶことになります。ただ、春秋航空は1日1往復となっているので、振り替えは翌日以降しかできず、また期間も10日以内と限定されています。
また、欠航によって宿泊などが必要になった場合でも、宿泊費などの補償を受けることはできない点にも注意が必要です。もっとも、これに関しては料金が格安である以上、どうしても仕方がないことだと言えます。

時期によってはそこまで安くならないことも

春秋航空だけに限らずどのLCCにも当てはまることですが、最安値料金はかなり安くはなっていますが、一方で繁忙期やピーク期などは、そこまで安くならないこともあります。大手航空会社の早割プランや株主優待券を利用した方が安くなるケースもあるため、そちらとも比較した上で検討のがいいでしょう。

他にも色々と注意すべき点がある

上記以外にも、例えば座席の幅がかなり狭い、チェックインにかなりの時間がかかる場合もある、ターミナルの移動が少し不便、手荷物の重さは厳重に管理されているなど、色々と注意すべき点があります。もっとも、これらは他のLCCにも共通して言えることなので、日常的に格安航空会社を使っている人であれば、特に問題なく利用できると思います。

関連する記事

ページ上に戻る